心に平安がある生き方へ。

近頃は暗いニュースや危険なニュースが多く、生活の中で不安を突きつけられる情報が多いです。

不安を拭ってくれるような事を探し、たくさんお金が手に入る方法やパーっとはっちゃけられる楽しいパーティーなどを探し求めます。

それ以外に平安の為にパートナーや家庭を求める場合もあるかもしれません。パートナーや家庭は平安をもたらす時もあります。

パートナーがあなたにいつも平安をくれる人だったらいいでしょう。家庭がいつもあなたの平安であればいいです。でも現実そううまくいかない人もいるでしょう。またパートナーや家族といつも共にいるわけではありません。

少し長くなるので先に結論から申し上げますと、まずなによりあなたの心の中に平安があることが平安に生きる秘訣です。

心の平安があった上でモノやお金や人間関係がついてこないと平安は保てないのです。

例えば、いくらお金を手に入れても思いもよらぬ支払いですぐにお金への安心はぐらつきます。急に使っていたものが壊れて買い直す羽目になる、違反の罰金、クレジットカードの不正利用にあう、高額な医療費、税金の値上り、光熱費の値上がり、など様々です。

これらお金のトラブルでぐらつくとすぐにお金をもっと手に入れなくては、と焦りが出て、追われるような気持ちになります。なのでお金に平安を求めてもマネーゲームの餌食となりちょっとしたことで心は蝕まれてしまうのです。

それだけ経済におけるお金というモノは不安定であり、のめり込むと危険です。ただし現代社会ではお金がないと生活できないので、お金を持つなというのも無理があります。

要するにお金というものを人生の目的や指標にしてはいけないのです。

またパーティーなどを心の拠り所にしても、その楽しみは一瞬です。

パーティーと言ってもいろんな種類がありますが、いわゆる業界的な意味でのパーティーはお酒があり、派手な演出があり、派手な格好をすれば目立てる、といったものでしょう。

そもそもパーティーはお金がかかるようなものばかりなので結局パーティーを求めるとお金に追われる事になりかねません。

またパーティーは一瞬の快楽なのでこれに心の平安を求めていると、いつもパーティーをしないと気が済まなくなり結局パーティーの時以外は追われるような生活をする羽目になります。

パートナーをパーティー感覚にもとめる人もいます。遊び相手のような関係です。こういう場合はもちろんパートナーに心の平安など期待できないでしょう。しかし中には真剣に平安をもとめてパートナーを探す人もいるはずです。

ただしパートナーですら病気にかかったりトラブルに巻き込まれたりと平安の保証はありません。結婚相手も同じようにいつどんなトラブルがあり、状況が変わるかはわかりません。

もちろんパートナーや家族の健康、安全を気遣うことは大切です。ただこれらすら食いものにする輩もいます。国や社会が守ってくれないことも痛感します。

外の要因に平安を求めているとやはり確かな平安というものは見つかりません。

見つけたと思っても雲のように移ろいでしまいます。

なのでまず何よりも心の中に平安をとどめておかなければならないのです。

でもそんな心の中に平安をとどめておく方法なんか身についてないし、わからない、という方もいるかもしれません。

そういう方はあれこれと出てくる思い悩みを一度手放してみることです。それだけで心が楽になるはずです。

しかし、生活する上で何もかも手放していたら出家者になるしかなくなってしまいます。それはあまりに非現実的です。

日常生活する上でも心の平安が保てるようには訓練が必要です。急に怒りに駆られたり、身内の不安を煽られたり、自分の身体のことで無性に心配になったりと、平安を奪うようなシーンはしょっちゅうやってくるからです。

心の平安を乱すものにみだりに近づかない、という知恵も大切です。しかし時にはそういったものをくぐり抜けないといけないこともあります。

そういう時に知識がないと、やはり納得してどんな状況でも平安を保つというのは難しいでしょう。

心の平安を求めていると、スピリチュアル系や占い系などに当たりますがあれらはオススメできません。いろんなジャンルを見ましたが読んでて途中から訳がわからなくなりました。何よりサタン的というのが一番端的に説明できるのですが、、、

私としては聖書をオススメします。聖書には心の平安についても多く学べることがあります。

しかし聖書はボリュームがあり、どこから読めばいいかわからないと思われるかもしれません、

心の平安に関しては、イエスキリストの教えと聖霊に関する部分から見ていただくと一番わかりやすいと思います。

(一応、聖書を薦めているからといってどこか宗教団体の勧誘をしている訳ではでございませんので。)

kindleなど電子書籍版でしたら新共同訳の新約聖書は800円で手に入ります。amazon.co.jp

また口語訳(新共同訳よりややかための訳になってます)でしたら旧約・新約が入っていて99円でダウンロードできます。amazon.co.jp

扱いやすさで言うと紙製の聖書をオススメします。こちらはアマゾンでも図書館でも書店でもブックオフでも見かけました。

 

今まで歴史というと権力者の歴史ばかり習いました。権力の獲得者が歴史を残すような政策ばかりだったのでしょう。

逆に、私が思うに聖書は弱者のための歴史です。権力をもっていない人たちのためにある歴史です。聖書の神様は弱者に憐れみをかけてくれる神様です。

権力者というのは常に権力のために争いつづけて平安は求めてきませんでした。逆に一般庶民は権力者の争いに巻き込まれながらも心では平安を探し求めてきました。

権力者が聖書を持ち出すこともありますが、私は聖書が一般庶民のためにこそ残されてきたと思います。

途中から聖書の話になってしまいましたね(笑)。

タイトルに戻るとまず心の平安を手に入れて欲しいです。外のモノはその上でついてきます。混沌とした外の情報に惑わされずに心の平安のうちにいられるよう願います。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です