初心者目線での釣りの基本と心得

近頃釣りがポピュラーになっています。

都会っ子に見られがちな私が釣りを始めているくらいですから(笑)。

冗談はさておき、近頃はyoutubeで釣り動画が人気になっていることから釣りに興味を持った人が増えてきているのだと思います。

子供がyoutubeを見て、釣りをしたいと言い始めても不思議ではありませんからね。

最近のyoutubeの品位は良いと言えるものではありませんが、今回それは深く触れずに、動画上の釣りと実際の釣りの違いを踏まえながら書きたいと思います。

動画では釣りをすると頻繁に魚が釣れるように見えますが釣れない時間の方が圧倒的に長いです。
なのである程度、忍耐力と工夫が必要になってきます。

また海辺は風が強いので軽い袋などは飛ばされやすいことを忘れてはいけません。

仕掛けのトラブルもつきものなのでそこも注意しておくべき点です。

ゴミを捨てていく釣り人は初心者だろうがベテランだろうがダメなところです。ゴミはなるべく捨てないようにして落ちてるゴミは自分の物でなくても片付けるのが基本です。
そうしないと釣り人のモラルは低いままだし、それ以前に人としてモラルに問題があります。

釣りは自然とのやりとりが出来るのでそこが大きな魅力でしょう。
魚が好きという方もいるかもしれません。

まず釣りを始めてみると、根掛かりして仕掛けをロストすることが多くあると思います。

もちろん仕掛けはロストしないに越したことはありません。
値段が高くないからロストしてもいいという考えでは海にゴミを出すことになりますし、そういう考えの人はそういう考えなりの結果しか出ません。

少し厳しいことを書いていると思われるかもしれませんが、毎回釣りに行くと問題でもあると思うので書かせていただきます。

 

今回は初心者なりに仕掛けをロストしにくい方法をご紹介します。

まずは釣り場の海底の地形を把握することです。
基本的には、底が石でごつごつしているか、海藻が多いか、砂地になっているか、などです。

ネットで情報を拾えることもありますし、釣り場の人に教えてもらえることも出来ます。
また、最小限の仕掛け(オモリだけなど)を投げてみて海底の地形を確かめてみる方法もあります。

もし、岩場で海底の凹凸が多ければウキ釣りをオススメします。

ウキを使うことで仕掛けが着底しなくなるので海底の障害物に引っかかることが大幅に減るからです。

私はこの方法でかなり根掛かりの回数を減らせました。

もし海底が砂地なら、オモリが底に沈む投げ釣りをしても、たくさん根掛かりをすることはないでしょう。

 

根掛かりした場合はできる限り糸を切らずに、外すようにしましょう。

オーソドックスな外し方 youtube

反動で仕掛けが自分のところ目掛けて飛んでこないようにゆっくり引っ張るのがコツです。

こうして外すことで最悪針が外れる程度で済ますことが出来ます。

仕掛けを選ぶときはどんな魚を釣りたいかを決めた方が釣れる確率は上がります。
なので事前に情報収集することをオススメします。

基本的なことに注意すれば楽しく釣りが出来ると思います。
釣りでもなんでもやはりそこから学べることはたくさんありますからね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です