正社員になりたくない。

正社員にならないと今は良くても将来が辛くなる。

正社員にならないと結婚できない。

正社員にならない人の末路は悲惨だ。

と正社員にならない人たちへのニュース、記事、世間の吹聴があります。

一昔前の限られた時代はその通りだったかもしれません。

しかし、今は正社員に対してそのようなイメージは持たれません。

正社員はいつもストレスを抱え、税金の負担は増え、ボーナスを狙った下心見え見えの営業に嗅ぎ付けられ、家を買わされてローンを負い、がん保険を払わされ、結婚しても結婚生活への喜びは続かず、規則でがんじがらめにされ、物事をニュートラルに考えることさえ出来なくなる。

といったイメージを持ちます。現に無理してでも正社員になった方にはこのような方もいると思われます。

正社員を強く勧めるニュースや記事はありますが、どうもお金を集めるのが目的なんじゃないかという魂胆もチラホラ見えてきます。

正社員になるとよりコンスタントに税金、その類のお金を払うことになるシステムが出来ています。

確かに大きなものを動かすにはそれぞれ皆が持っている財産を持ち寄ることは必要です。

しかし、その持ち寄りが無駄遣いされて、一部の人たちの贅沢や私腹肥やしに使われるなら、誰も払う気がなくなります。脅されても心の底では払いたくないと思うに違いありません。

本来なら皆のお金を預かる人は、質素で足りることを知り、無駄遣いなんてしない人でなければなりません。

なので税金が無駄遣いされている、税金を扱う人が無駄に贅沢をしている、税金を使い無駄に維持費をかけるなど、このようなことが見える度にストレスを抱えてまで正社員をやろうなんて気が無くなっていくわけです。

正社員にならない人、どうしても気持ち的に正社員になれない人の中には、贅沢をしなくてもいいからもっと平穏に平和に喜びをもって暮らしたいと願っている人がたくさんいるはずです。

なのでそのような世の中になるように努めることが重要と言えます。

 

 

 

閲覧ありがとうございました。

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です