ルームシェアを検討されている方々へ。

・家賃を払うのが厳しくなってきた。

・一人暮らしは寂しい。

・ワンルームよりシェアしたほうが割安で良い部屋に住める。(家賃を折半するため)

など、ルームシェアをはじめる理由はいくつかあると思います。

私も2年ほど友人とルームシェアをしていたことがあり、その時の経験からルームシェアをする時のポイントを挙げたいと思います。ルームシェアを考える際に参考にしていただけたらと思います。

 

まずルームメイトですが、私の場合は友人であり幼稚園の頃からの付き合いがある友人とルームシェアをしていました。

出来るなら、気心知れた間柄の人とルームシェアをした方がトラブルは少なく済むでしょう。

 

次に引越し先ですが、これは友人の職場の近くにしました。それは私が友人の職場で働くという予定だったからです。(引越し直前にその会社で働けなくなるという変化球つきでしたが)

引越し先を決める際も、シェアする相手とよく話し合って決めるのが良いでしょう。お互いの職場や今後のビジョンを考慮して決めると良いかと思います。

 

次は物件探しです。

間取りでいうと、以下のようなものにしました。


(手書きですみません。)

一応、はじめに条件とする間取りを以下のように決めていました。

・個人の部屋がある。

・お互いの部屋を跨がなくてもベランダに行ける。

・駐車場付き(会社の車を停めたかったため)

予め、自分たちに必要な条件を決めておいて、それから実際に部屋を見学すると良いかと思います。

出来れば実際に見学する際も、ルームメイトと一緒に行ったほうが良いです。

値段や条件、雰囲気を見て、お互いに納得出来る物件に決めると良いでしょう。ただし多少の譲歩は必要かもしれません。

 

次に入居審査ですが、私が入った物件は特に二人入居可やルームシェア可など明記してませんでしたが問題ありませんでした。

不安な場合は、不動産屋さんに聞いてから申し込みをしていただいた方が良いです。

 

家電と家具と日用品ですが、冷蔵庫、洗濯機、掃除機、鍋、やかん、ダイニングのテーブル、照明、ダイニングのカーテンなど最初に揃えるものは折半して購入しました。

ここでも自分の趣味嗜好の範囲で購入するものは、折半しないで自費購入しましょう。

 

光熱費ですが、これは完全に折半しました。

多少使う量に個人差はありますが、ここで測りきれないものにいちいちけケチをつけるのも問題の種です。潔く折半しましょう。もし片方が病的に使うなら注意を促した方が良いです。

食材はパスタや御茶など両者がコンスタントに使う物のみ折半して業務用のものをまとめて購入していまいた。

 

ルームシェアをすることにメリットはたくさんあります。

ルームシェアは一人暮らしより明らかに、コストパフォーマンスは良いです。私が住んでいたところは家賃¥73300の÷2だったので¥36650で住んでいました。

また協力して出来ることもあるので、補い合うことも出来ます。ゴミ出しを忘れたら代わりに出してもらったり、荷物を受け取ってもらったりとです。

また、家に帰って会話をする機会もあります。

一人暮らしに比べると個人の好き放題には出来ないかもれません。しかし、あまりに好き勝手な生き方というのはいずれ破綻しますから、譲るべき時は譲るという精神を育てる機会とするなら、デメリットのようでメリットに繋げることも出来ますね。

 

最後に、私が何故ルームシェアをしようと思ったのかというと、それはダンス旅行でニューヨークに行った時にルームシェアが一般的に行われていることを目の当たりにしたからです。

2011年頃は自分たちの世代ではルームシェアをするという考えが一般的ではありませんでしたが、アメリカの人達を見て、自分も出来そうだという感覚を得たので、日本でも機会に恵まれてルームシェアをするに至りました。

ルームシェアをされる方々が、有意義なルームシェアの時間を過ごせるよう願います。

 

閲覧ありがとうございました。

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です