恋愛に上手さも偉さも無い。

恋愛についてあれこれ論じることがありますが、恋愛がたくさんできるから偉いや、上手い、などということは無いでしょう。

そもそも恋愛しないといけないという世間の吹聴が作られてしまっていることが厄介です。

お子さんが、恋愛に気が狂って、異性とおかしな関係を持ってしまわないかと、親御さんもヒヤヒヤして気が気でないはずです。

恋愛しないといけないのかと思い、恋愛の事ばかり考えると、思い煩いが増えて、集中力も無くなります。

人生において恋愛に溺れるほど平安が遠ざかります。もし、平和な家庭を望むなら、恋愛に溺れてはいけません。

淫らな思いを隠し持つ癖を持ってしまうとそれが仇となります。やましい思いを隠し持っていると不意にボロがでます。

恋愛についてあれこれ論じたり、テクニックを披露する必要なんてありません。

誠実に純粋に、初々しくて新鮮でも良いはずです。

性教育で教えることは、結婚するまで性的な関係は持たない。これだけでいいです。

 

人には時があります。

結婚の早さに順位はありません。

結婚したいと望んでいる人は、焦って恋愛して結婚する必要もありません。

結婚する素地ができるように鍛えられ、結婚する素地ができれば神様がふさわしいパートナーを送ってくださいます。

世で流される恋愛情報は、きれいに見せかけて結局、淫らな思いに精神が蝕まれます。心が荒んでいき、目も曇りがちになり、子供にも悪影響になります。

そうなると、家庭に溝をつくりますし、世の人々が性的なことばかり関心がいくようになり、堕落します。

そんな世の中には、男気、誠実、純心、澄んだ美しさは無くなり、堕落した人々がそれらを求めても得られません。

このまま堕落するままだと、神様の怒りに触れ、本当に世も人々も終わりかもしれません。

大きく変えるためには学校の教育、マスメディアの報道、テレビやアニメ、映画や漫画のセンスがもっと変わらなければいけません。

神様から見ても男女の関係がまともになり、本来の結婚の喜びと祝福にあずかれる家庭になって欲しいと思います。

 

ヘブライ人への手紙 13-4
結婚はすべての人に尊ばれるべきであり、夫婦の関係は汚してはなりません。神はみだらな者や姦淫する者を裁かれるのです。

リンク:性の乱れが文明を崩壊させる。その原理について。

 

閲覧ありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です