悩み事をなくす秘訣、それはレディファーストならぬ神様ファースト。

投稿日: カテゴリー: ブログ

今回の内容はBLOG BY RAPT を元に書いております。きちんと知識として学び理解するには本家をご覧ください!

 

人生の中で「もう嫌だ!」と思ってしまった経験が誰しもあると思います。

嫌だと思いますがその後に、悩みを解決するために力を注ぐと思うんです。

人それぞれ解決のためのアプローチ方法があるでしょう。

自分の考えを改めて反省する、忘れるために気分転換をする、などです。

でも気分転換はその場は良いのですが、気分転換して落ち着いたら、改善しようと努めないと根本的には良くしていけませんね。そうしないと同じレベルをグルグル回ってしまい堂々巡りを抜け出せずに度々同じことで困ってしまうからです。

中には理知的に人生の悩みを解決しようと知識を求める方もいらっしゃると思います。

でも今の時代だと、スピリチャルや占いに手を出してしまう方が多いと思います。

スピリチャルや占いをやっても悩みがスッキリした経験はほぼ無いでしょう。

スッキリしたいと思っても、また新たな悩みが出てきて、その度に新しい本を買ったり、また高いセミナー費を払い続けるような、負のスパイラルにハマってしまう場合がほとんどだと思うんです。

本来はスピリチャルを楽しみたいわけじゃ無いのにスピリチャルに追われることに心の中心をすり替えられてしまう可能性があります。

そうじゃなくて、もともと純粋な気持ちで人生を充実させたい思いがあったはずです。

健康的な悩みの面でも同じことが言えます。

近頃は過剰な健康ブームがありますね。

値段の高い健康食品に費用がかさみ、健康セミナーに時間も費用もとられる生活になりがちです。でもそんなことに追われる生活を望んでいた訳では無いはずです。

そうなると健康への情報詮索により心の負担が増えていってしまいます。

そうではなく、はじめは純粋な気持ちで人生を充実させたくて、そのために健康を追い求めたはずです。

 

医療に関してもそうです。

本来、医療は人を健康に戻すためにあるはずです。

決して高いお金を払わせて人々をいつまでも医療に縛り付けておくためにある訳ではありません。

 

上に挙げたように解決のための知識を求めても、余計な心配ばかり考えさせられて、逆に純粋な気持ちを忘れさせてしまうものばかりでした。

そこで純粋な気持ちを守りながら人生を充実させたいと思っている人に一筋の光となるのが、神様を一筋の心で愛すること、なのだと思います。

一筋の心で愛する。という言葉はとても聞こえの良いフレーズです。

と同時に真っ直ぐすぎて恥ずかしいと思われるかもしれません。

しかし本来は見えない神様を愛するのは恥ずかしいことではないはずです。そこにはやましい思いがあるわけではないからです。

ただ真っ直ぐで純粋な愛を世間が恥ずかしいと思うようにに仕向けてきただけでしょう。

しかし、人間の頭でどうもこうも考えようが最終的には賢く真っ直ぐ生きることのが幸せになります。

また、愚直であっても真っ直ぐ生きる方が幸せになる近道だと思います。

それは愚直な人の方が心がねじ曲がっている人より素直だからです。

 

一筋の心で愛する。といいますが、今の時代、いろんな情報が溢れかえっていて中々できないかもしれません。

一筋の心で愛するつもりでも心はあちこちと目移りして中々、続かないでしょう。

でも表面的な部分が大事ではないのです。より核心的な部分を一筋な心で愛すればいいのです。

ごくごく無駄を省いてシンプルに突き詰めていきます。

なぜ、なぜ、と繰り返していくと最終的には一筋の心で神様を愛する。になります。

神様は人の心も作ったので人の心の中もすべてお見通しで、その人にとって何が最良かも人間的な考えよりずっとよく知っておられます。

だから神様のためを思ってやるなら途方に暮れた気持ちで努力することなく、頑張りは何も無駄にならないと確信した上で努力できるのです。

何が必要かとストレスを抱えて複雑に悩まなくてもよくなります。神様を愛することで必要なことは全て祝福として与えてくださるからです。

その祝福がいつ与えられるかはわかりません。でも思わぬときにそれは与えられるはずです。

 

閑話休題になりますが神様の姿を見た人はそういません、神様について、ネット画像検索すると仙人のような姿が出てきます。

でもこういう余計なイメージは持つべきではありませんね。

変な固定観念ができてしまいます。

聖書でも神様を偶像にすり替えることは固く禁じられている通りです。

 

神様が自分に必要なものを与えてくださると確信するなら若い人達も恋愛であれこれ思い煩うことにも終止符が打てるはずです。

サラリーマンも仕事や将来に不安をかかえることが先決ではなくなります。

また、それ以外の様々な思い煩いにも終止符を打てます。

会社の根幹に関わることほど社長に相談するように、人生の根幹に関わることほど人をつくった神様に相談していくべきでしょう。もちろん慣れない職場ではタイミングを見て些細なことでも職場の人に相談するように、わからなければタイミングをみて神様に些細なことでも相談するべきでしょう。

 

私自身の人生を振り返ってみても、自力で手に入れたことであまり残るものは無かったです。

自分で複雑に考えて手に入れたものは、因果関係がキレイにいかず、自分でやろうとするほど負担も増えました。

振り返ってみると、むしろサッとした巡り合わせだったり、自分の意図せぬ間に得ていたことで人生が作られてきました。

自分の人生のハイライトとなるのは、そのような出来事ばかりです。

それはどれも奇跡的な確率の出会いや出来事です。

ハイライトとなる出来事はすぐに思い出すことができますから、自分が意識して気づいていようがいまいが、人生のハイライトには神様が関わっているのだと思います。

 

人間のつくった花火の光は一瞬ですが、太陽の光とそれを反射する月夜の光は何度見ても消えていません。

それだけ神様のつくったものは消え行かないんでしょう。

 

 

ご一読ありがとうございました。

皆さんに神様からの祝福がありますように。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です